『ライダー安全カード』は使うなよ!

バイク事故時の身元確認ツール 『ライダー安全カード』   カードの理念は広めたいケド、事故って役立つのはマッピラゴメン!

BBBのTOPページに! メイン プリウス、バカ売れの時代。バイクもeco

スポンサーサイトスポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バイクライフ応援サイト!BBB」の「バイクニュース」に掲載されました!普及活動

8月13日に書いた「バイクライフ応援サイト!BBB」さん。

いつもながらのダメ元依頼にも関わらず・・・「バイクニュース」で記事掲載していただきました。

http://www.bbb-bike.com/info/blog/index.php?ID=555

おっ。記事noが555やないけ。

タイトル「いざという時に役立つ「ライダー安全カード」 [業界ニュース]」

ぬーん。カテゴリーが業界ニュース。  恐縮です<梨本風

カードをプリントアウトしていただいた画像まで掲載していただいて(涙
バイクライフ応援サイト!BBB

マジでありがたいなぁ。 テキストのみ掲載すます。

ライダー必携の1枚

ホンダ ゼルビスオーナーズクラブの「はしれはしれ!」では、ライダーのいざという時に役立つ、「ライダー安全カード」を配布している。

このカードには、オーナー名前はもちろん、血液型や持病、アレルギー情報といった緊急時に役立つ情報が記入できる。緊急連絡先の記入欄もあり、これを携帯する事で万が一の時に役立つはずだ。



カード作成の経緯

「インターネットで出会った仲間がツーリング中に事故死…しかし初めて実際に会った相手だから本名がわからない…」2005年に実際に起こった悲しいニュースをきっかけに、このカードを作成する事になったそうだ。確かに、大勢でいくツーリングでは初対面の人も多かったりするだけに、ネットで知り合う仲間ならなおさらだろう。

死亡事故でなくても、血液型やアレルギー、緊急連絡先などが書かれたこのカードは役立つはずだ。万が一の己の身を守る為にも、このカードを携帯するという意味は大きい。



用途に合わせて使える2種類のサイズを用意

ライダー安全カードには、折り畳んで使用する大きいものと、カードサイズの2種類のサイズが用意されている。今回は実際に両方を作成してみた。折り畳めば両方ともコンパクトになるので、記入欄が多い大きいサイズの方が筆者は良いのではないかと思う。これを免許証などと一緒に持ち運ぶのだ。


このカードには連絡先を含めた個人情報が多数記入される。それだけに免許証等と一緒に大事にしまっておくことをお勧めしたい。ツーリング仲間に迷惑をかけないためにも、そして自分の身を自分で守る為にも、ぜひこのカードを携帯してみて欲しい。

「ライダー安全カード」の詳細は ⇒ http://www.840-840.com/ridercard/index.htm 


って感じです。
記者の方ってスゴイですね。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://ridercard.blog119.fc2.com/tb.php/43-4dfa6720

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。